So-net無料ブログ作成
検索選択

「納豆ダイエット」で捏造 [日々のつぶやき]

フジテレビの人気番組「発掘!あるある大事典II」で紹介した“納豆ダイエット”。
この番組の効果でスーパーで納豆の売り切れが相次いだそうですが…
なんと、このダイエット効果が捏造されているという事実が判明されました。

納豆ダイエット効果…実は架空だった「あるある大事典」(イザ!)

関西テレビ放送(大阪市)は20日、納豆のダイエット効果を取り上げた7日放送の情報番組「発掘!あるある大事典II」で、実際には行っていない実験データを放送し、効果を誇張していたと発表した。
同社は「納豆にダイエット効果があるという学説があるのは事実。どうして実際と異なる放送を行ったかは現在調査中」としている。
同社は調査委員会を立ち上げ、原因究明を急ぐ。21日の番組放送は休止する。
千草宗一郎社長はデータのねつ造を認め「視聴者の皆さまの信頼を裏切ることとなり誠に申し訳ない。2度とないよう対策を講じる所存です」と謝罪した。
同社によると、「中性脂肪値が正常値になった」などと放送した被験者の数値測定は実際には行っておらず、朝に納豆を2パックまとめて食べた場合と、朝晩に分けて食べた場合の血液比較検査結果も架空だった。
また米テンプル大のアーサーショーツ教授が「(ダイエット効果のある)DHEAを増やす食材がある」などと発言していないのに日本語訳コメントを勝手に付けた。
さらに、被験者がやせたことを示す比較写真は無関係の写真だった。
12日に一部報道機関から取材があり、調査して不正が発覚した。


なんともはや…実は、うちの母と妹もこの番組を見ていて、納豆をいっぱい買っていましたが…
捏造されたものとは思ってもいないはずです。
局側はどこでどう食い違っていたのか、明確にして欲しいものです。

今日の菜月占い弁当運まあまあ
お正月ってこともあり、暁の弁当も出て、ジャンケンに勝った菜月・蒼太・映士の3人が特別休暇で温泉に。

(追記)
ちなみに、番組のタイトルを入れるとき「あるある“だいじてん”」をどう変換しているかをGoogleで調べたところ…
あるある“大事典”約 1,420,000 件
あるある“大辞典”約 1,250,000 件
本来なら百科事典の“事典”にもかかわらず、国語辞典の“辞典”で書いている人もいたとは…
これでも意味が通じることにびっくりしました。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(11) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 2

織野

私は、仕事の傍らボランティアでITの活用研究を主宰していますが、今回のあるある大辞典の納豆ダイエット捏造番組は許せないので投稿しました。
メディアはこれまでTVのみならず新聞や雑誌でも過去いろいろな記事や番組の捏造がありました。
今回の関西テレビのあるある大辞典の納豆ダイエットの場合は、視聴者に多大の被害を与えており、番組で謝罪した程度では許されるものではありません。
すなわち、何十万、何百万と言う人々が難しいをダイエット成功させようと番組を信じ納豆を購入したことです。
そして素朴な視聴者を欺いたことです。
自動車や電気製品をはじめものづくりには、「製造物責任法」があります。
新聞、雑誌、TVなど報道番組などにも製造物責任があると信じています。
過去、このような不祥事は繰り返されておますが、製造物責任をメディアは取り上げません。何故でしょう?
今回、納豆ダイエットで踊らされた善良な視聴者の皆さんのお力を結集して、「製造物責任法」で関西テレビにたいして訴訟を起こし、損害賠償の請求を考えてみませんか?
また、この番組は番組製作者と納豆業者が仕組んだ番組ではなかったかと言うことです。なんとなれば、納豆の品不足から値上げをしてきたことが上げられます。
品薄になったからお店と流通業者が値上げしたとは考えにく、やはり製造者が値上げのために仕組んだのではとも考えられますがこれは定かではありません。
とにかくNHKの不祥事をはじめ善良な人々が常に犠牲になる世の中をこのまま放置しておいて良いのでしょうか?
皆様と考えてみたいと思い一筆啓上申し上げます。
by 織野 (2007-01-22 09:21) 

涼微

はじめまして!こんにちは!
トラックバックさせていただきましたm(__)m
by 涼微 (2007-01-27 08:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 11

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。